DRW column

下着通販のDRWがおくるランジェリーコラム♡

豆乳でバストアップできる?イソフラボン効果を発揮するレシピ

131 views
約 3 分
豆乳でバストアップできる?イソフラボン効果を発揮するレシピ

豆乳を飲むとイソフラボン効果で胸が大きくなると言いますよね。胸が大きくなる食べ物として有名な豆乳を使った育乳レシピをご紹介します♪

豆乳は育乳できる食べ物?イソフラボン効果とは

バストアップに効果的だと言われているのは「イソフラボン
大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、エストロゲンは女性らしい体型づくり効果的
なぜなら、バストアップの仕組みは乳腺の発達。乳腺が大きくなると、体の脂肪を胸に集める力もUPします。つまり、エストロゲンと似た働きの豆乳の大豆イソフラボンを摂取することで、乳腺が発達して、脂肪が集まることもあります。
ただ、大豆イソフラボンにより乳腺が発達しない人もいるので100%ではありません
本来は成長期に摂取するのが効果的です。

豆乳でバストアップする方法


大豆イソフラボンの摂取目安1日70~75mmg
摂りすぎるとホルモンバランスが崩れてかえって逆効果に。

無調整豆乳

イソフラボン含有量が最も多い種類で200mlあたり約53mmg程度です。味は、大豆の風味が強く液体状の豆腐を飲んでいるような感覚で好き嫌いが分かれます。

調整豆乳

甘味や塩分を加えて、飲みやすくした豆乳。イソフラボン含有量が200mlあたり約43mmg程度やや少なめです。

豆乳飲料

果汁牛乳を加えたもの。イソフラボン含有量は製品によってバラつきがありますが、200mlあたり約17mmg程度のものが多いです。

飲むタイミングはいつでもいいですが、朝の空腹時は大豆イソフラボンの吸収率が高いので、ダイエット中間食代わりに。豆乳に含まれる大豆サポニンは満腹中枢を刺激して、食べ過ぎ防止にもつながります。

豆乳にバストアップ効果はある?

育乳サプリメントと豆乳、どっちがいい?

できれば豆乳ドリンクや豆乳レシピで摂取するほうが健康的な食生活になるけど、味が苦手な人や料理する時間がない時はサプリを活用するのもアリ
必要量をさくっと摂取できるのはメリット
サプリは食生活のサポートとして取り入れましょう。

バストアップに♡かんたん豆乳レシピ

1.混ぜるだけの豆乳ドリンク

・きなこ豆乳

・青汁豆乳

・豆乳コーヒー

・バナナ豆乳

・青汁豆乳

・豆乳アボカドスムージー

【豆乳の効果】飲むタイミングは?

2.豆乳キムチスープ

肉はタンパク質があり、タンパク質合成にも必要なアミノ酸もたっぷり。

【材料】
・野菜
・キムチ
・ひき肉
・豆乳
・塩コショウ

3.サーモンの豆乳グラタン

サーモン女性ホルモンの分泌を促します。

【材料】
・カットほうれんそう
・ブロッコリー
・さけ
・豆乳
・おからパウダー

【レシピ】

豆乳で胸が大きくなるって、ホント?
専門家に聞く【+おすすめレシピ】


豆乳など胸が大きくなる食べ物と合わせて使いたいのがつけて寝るだけ育乳ブラ
下着・ランジェリー通販のDRWは、安くて可愛い、プチプラの下着がたくさん揃っています!サイズ展開も豊富で、バストアップに効果的育乳ブラも多数取り扱っているので、ぜひチェックしてくださいね

プチプラでも可愛い育乳ブラ♡
下着・ランジェリーサイトDRW(ドロー)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA