DRW column

下着通販のDRWがおくるランジェリーコラム♡

ブラは手洗いするべき?ブラジャーが長持ちする正しい洗い方

2368 views
約 5 分
ブラは手洗いするべき?ブラジャーが長持ちする正しい洗い方

ブラジャーはどうやって洗えばいいのでしょうか?本当は手洗いがベスト!大切な勝負下着が長持ちするように、時短で手洗いできる方法をご紹介します。

ブラジャーを洗濯機で洗っちゃダメ?

毎日使いするブラジャーをその都度手洗いするのは大変ですよね。多くの人がブラジャーをネットに入れて洗濯機で洗っているのが現状ですが「本当は手洗いしないとダメなのかな?」と不安に感じている人も少なくないようです。

確かにブラジャーを長持ちさせるには手洗いするのがベストではありますが、洗い方にさえ気を付ければ洗濯機で洗うのもOK!
洗濯機でブラジャーを洗う場合は、ブラジャーのホックを留めてからネットに入れて、弱流水で約5分だけ洗うのがおすすめです。

できればブラジャー専用の洗濯ネットを使いましょう!下着専用のネットは細かい網目で、繊細なブラジャーを糸くずやゴミから守ります。こうしたネットはブラジャーだけでなく、ストッキングやショーツの洗濯にも活躍します♪

ブラジャー専用洗濯ネット \352+tax

全自動式の洗濯機なら「ソフト洗いモード」「下着モード」などやさしいモードを選択してから洗うようにしてください。下着はやさしく洗うのが鉄則です。それだけで下着の持ちが変わるので、洗濯機で洗うときは気を付けてくださいね。

また、洗濯機で洗うときはランジェリー用洗剤を使うのがおすすめ!ランジェリー用洗剤を使えば、生理のときの経血など落ちにくい汚れも洗濯機で落としやすく、お気に入りのランジェリーを長持ちさせることができます。

ランジェリー用洗剤 \528+tax

ブラジャーを手洗いする方法

それでは、ブラジャーを手洗いする場合はどうしたらいいのでしょうか?手洗いする方法を解説します。

1.ブラジャーを洗う桶や容器にぬるま湯をためる。
2.おしゃれ着用洗剤や下着用洗剤などの「中性洗剤」を選び、ぬるま湯の中に適量を入れる。アルカリ性洗剤は使わないように注意!洗剤の量は使う洗剤の説明書きを見て調節する。
3.パッドをブラから取り外してから、ブラジャーとパッドを容器に入れ、それぞれ軽く振って洗う。こすって洗うと摩擦がダメージになるので、振るだけでOK!
4.汚れが気になる箇所は、手でやさしく揉むようにして洗う。ゴシゴシこすらないように!
5.洗剤が残らないようにしっかりすすいで、ぬめりがないか確認する。
6.タオルでブラジャーを包み、軽く押して水気を取る。
7.直射日光は黄ばみや傷みの原因になるので、風通しの良い場所で陰干しする。

手洗いする場合も、ランジェリー用洗剤を使うのがベスト。
こちらのランジェリー用洗剤はつけ置きするだけで生理のときの経血やおりものなどの汚れもキレイにできます♪一般的な洗剤だとブラジャーのつけ置き洗いには対応していないので、汚れを落としきれずに定着させてしまい、シミの原因になるので注意してくださいね!

ブラジャーを手洗いするときの注意点

【1】やさしく洗う

ブラジャーを手洗いするときは、とにかくやさしく洗いましょう!
ブラジャーは繊細な装飾があったりワイヤーが入っていたりするので、やさしく洗わないと傷んでしまったり形が崩れてしまったりします。汚れがあるからとこすったりせず、摩擦が生まれないように押し洗いや揉み洗いで汚れを落としてください。

【2】着けたその日のうちに洗うのがベスト

とはいえ、ガンコな汚れはなかなか落ちないもの。こうした汚れが定着してしまわないように、できれば着けたその日のうちに洗うのがベストです!ブラジャーは陰干しするので、必ずしも日中に洗濯しなくても大丈夫。大事なブラジャーは脱いだ後にすぐ洗って、部屋干しすれば皮脂や汗などの汚れも定着する前に落とすことができ、やさしいソフトな洗い方でもキレイになります♪

【3】漂白剤はダメ

ブラジャーを洗うとき、汚れが付いているからと漂白剤を使うのはNG!デリケートな素材が使われているので、漂白剤は使わないほうがいいです。その代わり、柔軟剤は使ってOK!やわらかな質感を維持できるように、適量を使いましょう。

【4】冬でも毎日洗う

冬など、あまり汗をかかなかった日は洗わなくても大丈夫だと考える人もいますが、ブラジャーは絶対に毎日洗いましょう!自分では気づいていなくても、少なからず汗をかいているものですし、ボディクリームやボディオイルも劣化する原因になります。また、皮脂汚れは放置すると酸化してガンコなシミになることもあるので、つけたその日に洗うのがベストです♪

【5】ボディソープで洗うのはNG

お風呂で下着を手洗いしている人の中には、ブラジャーをボディソープで洗っている人もいますが、ボディソープはアルカリ性や酸性が多いのでダメです!ブラジャーの生地を傷めてしまうので、中性洗剤で洗うようにしてください。

【6】乾燥機は使わない

じめじめした雨の日は、なかなか洗濯物が乾きませんよね。ただ、ブラジャーを乾かす際に乾燥機を使うと傷む原因になるので使ってはいけません!なるべく風通しのいい場所に干して乾かすようにしてください。

【7】形を整えてから逆さ干しにする

ブラジャーは型崩れしやすいので、洗濯ばさみでカップ下を二か所はさみ、逆さ干しにしましょう。キレイな形を維持するためにも、形を整えてから干すのがポイントです!パッドは取り外したまま干したほうが乾きやすく、生乾きの臭いを防げます。

【8】パッドは取り外してから洗う
ブラジャーのパッドはつけたまま洗うのではなく、取り外してから洗ってください。パッドはウレタンなど洗剤が残りやすい素材が使われているので、しっかり洗わないと汚れが落ちません。ブラジャーと同じようにふり洗いで汚れを落としましょう♪

下着・ランジェリー通販のDRWは、安くて可愛い、プチプラ、激安、種類たくさん!がテーマ。かわいいブラとショーツのセットがプチプラ価格で豊富に揃っています!そろそろ下着を新調したい方はぜひチェックしてくださいね♡

下着・ランジェリーサイトDRW(ドロー)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA